キッチンでの水漏れについて

家庭の中で、キッチンはとても使用頻度が高いため、水漏れのトラブルはおきやすくなります。特に、シンク下での水漏れは、汚水が漏れていたり、シンク下の収納スペースに水漏れして汚れてしまうといったことが起きてしまいます。そして気づかずに放置していると、キッチンの床を傷めてしまうということにもなりかねません。水漏れの原因としては、老朽化もありますし、シンク下に収納しているものをぶつけてしまって傷めているということもあります。

また、食品などが詰まっているということもあります。パッキンなどは永久に使えるものではなく、どうしても老朽化していくので10年くらいに一度は交換しなければなりません。でもパッキンを換えて何年たったか覚えているのも難しいものです。気がつくと水が漏れている、シンク下が水浸しになっているということになってしまします。

できるだけ、そのような事態を避けるために、基本的なことですが気をつけておきたいことがあります。まず、熱いお湯をそのまま流したりしない。カップ焼きそばなどを作るときにも、ついそのままお湯をシンクに流してしまいそうになりますが、熱湯はパッキンや配水管には負担が大きいです。油なども少量であっても詰まりの原因になりますので、新聞紙などに吸わせてゴミ箱に捨てたりすることができます。

また、ニオイやヌメリ、詰まりを取るために市販のパイプクリーナーを使うことがあるかもしれませんが、これをあまりにも大量に使いすぎるのもよくありません。簡単にできる予防法ですが、それでも老朽化して水漏れが起きることもありますので、こまめに点検することも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *