水漏れしたときに行うべき応急処置

水漏れは予測しづらいです。ある日ふと起こるものなので、自分が気づかぬあいだに起こる災難だと言えます。結果的に被害が大きくなるのはそのためです。早期発見することが出来れば問題は容易いのですが、たいていは水道代が跳ね上がって余計な支出金を払うことになります。

普段から頻繁に使用するキッチンやトイレでの水漏れだと発見しやすいですが、隠れた場所に配置されている配水管だと発見が後れがちになってしまいます。家の中が大洪水になってでもくれたら分かりやすいのですが、実際はちびちびと水漏れしているのがほとんどなので気づきにくいのです。これはしかたのないことでしょう。そこで、定期的な点検をお勧めします。

面倒臭いかもしれませんが、無駄な出費を抑えることが出来ます。水漏れしている場所が分かったら、まずは止水栓を閉めることが大切です。修理に入る前段階でしなければならない最重要事項と言えます。被害を極力少なくするための方法です。

その場合、止水栓を閉める前にメーターの回転を調べるのも忘れないようにしなければなりません。水漏れが給水からなのか、それとも排水からなのかを把握するためにです。止水栓を閉めたら家中の水が使えなくなるので、状況に応じて止水栓の開け閉めを行うようにすべきでしょう。これらは、水道修理業者が来るまでの応急処置です。

水道関連の知識が乏しい素人は、無理して自分で修理しようとしないほうが賢明です。二次災害に繋がる可能性があります。くれぐれも気をつけたいものです。水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *