排水管の修理をして水道詰まりを解消

水道詰まりが発生すると誰でも目に見える部分を綺麗にしたいと考えますが、実際に原因となっているのが排水管であることが多いので、排水管の掃除の仕方を覚えておくと便利です。修理方法としておおくの人が実践しているのはクリーナーであり、確かに軽い水道詰まりを解消するための手段としては悪くはありません。クリーナーが上手く分解してくれれば流れは良くなり、定期的にクリーナーを実践することでその後の詰まりも予防できます。しかし、これだけでは対処できないケースもあるため、いざという時にできるように取り外しての修理を知っておく必要があります。

多くの排水管は分解できる仕組みになっており、分解できれば普段は手の届かないような場所までしっかりと掃除できるので、頑固な水道詰まりでも簡単に解消することが可能です。分解する際に注意したいこととして、左右が逆になるような組み立て時のミスをしないようにすること、なかなか外れない時には無理をしないことは気をつけなければなりません。分解工程を動画で撮影したり写真を撮っておくと、戻す時も迷いませんのでお勧めです。排水管を外す修理では、ナットやボルトが外せないことがしばしばあります。

固く締められている時に起こりやすいので、事前に潤滑油で動きを良くしてから臨むと良さそうです。また、多少なりともヒビが入っている時には、破損のリスクが非常に高いので実践できません。その場合は、排水管ごと交換するのが一番です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *