在来工法からユニットバスへと変える浴室のリフォーム

築年数が古くなってしまった住宅ならば、浴室には在来工法としてタイル張りの状態で仕上がっている場合が見られます。タイル張りの場合ではデザイン性が高いものになり、独自性を持ったデザインに施すことができるメリットがありますが、タイルの目地がカビなどで汚れてしまったり、物を落下させた際にタイルが剥がれてしまうこともあります。また、壁面もタイルで施工されていることになり、タイルの表面自体が水垢で汚れてしまい、以前のような輝きを無くしてしまった状態のものも見ることができます。このような状態であれば、新しく浴室をリフォームすることが推奨されていて、現在ではユニットバスへと交換される方も増えています。

在来工法の場合では面積などの規格が自由設計になっている場合も見られますが、十分に対応できるユニットバスも紹介されているので安心です。浴室のリフォームでは近年ではユニットバスやシステムバスを用いる方法がメインになりますが、特にタイル張りの浴室からリフォームされる方のケースではいくつものメリットを感じることができます。例えば床面に関しては以前よりも暖かい状態を保つことができ、フラットな床面に仕上げることができるので、安全性も保つことができます。床面に対して浴槽に出入りする際にも段差が少ないメリットがあり、使いやすい浴槽として十分に機能することになります。

全ての面がFRPで構成された密閉した空間になることから、熱が放出されることも少ないので快適なバスタイムを送ることに最適な方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *