浴室リフォームの基礎知識

浴室の耐用年数は15年ほどと言われていますが、15年も経過した頃には何かしらが故障する可能性があります。そのまま修理をして直してもいいですが、基本的に耐用年数が経過している場合には一部分を直してもまた別の部分が壊れて修理をしなければならないのです。そうであるならば、浴室にガタがきた時点でリフォームをしてしまうほうが経済的です。浴室リフォームする時に気になるのはその予算です。

浴室はその大きさやグレードによって異なりますが、ユニットバスを一式入れ替える場合やタイル張りをユニットバスにリフォームすると80万円から100万円ぐらいかかると考えておけば間違いないでしょう。もし、普通のお風呂ではつまらないと言うのであれば少しお金をかけてジェット風呂にしてみてもいいでしょう。浴槽から泡が出てマッサージ効果があるものになります。あるいは、ミストサウナのお風呂にリフォームをしてみてもいいのではないでしょうか。

天井からミストが出るタイプであればそれほどお金はかかりません。では、浴室をリフォームする場合にはどのくらいの費用がかかるでしょうか。その間はお風呂にも入れませんので外の銭湯や健康ランドなどへ行って汗を流すしかありません。そうなると、できるだけ早く直してほしいと思うはずです。

お風呂をまるまる取り替える場合には3日から4日ほどかかります。水回りは基本的に一定の時間がかかるのです。以上のようなことを事前に把握して生活をするようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *