浴室のリフォームを行うタイミングと時期について

お風呂と言うのは水やお湯を使う場所であり、浴室の土台が腐食してしまう事もあれば、シロアリの被害が起きやすい場所で、早めにリフォームを行うのが良いと言われています。一般的に住宅は15年を超えると、お風呂場にカビが発生したり、汚れが目立つことが多くなります。お風呂は一日の疲れを癒す場所で在り、カビ臭さや汚れが在ると疲れも十分に癒せなくなります。普段の掃除の中で綺麗にしていても、カビや汚れは徐々に落としにくくなり、そのまま放置しておけば悪化する事になります。

15年から20年と言うのがリフォームを行うのが良いと言われているタイミングであり、これを超えてしまうと余計な事にお金がかかるケースも在ります。これは、浴室の土台が腐食してしまったため、土台を作り変える工事が必要になってしまうケース、シロアリの被害を受けているため、シロアリ駆除を行うと同時に、シロアリによる被害を受けた場所のメンテナンスや補修などが必要になると言う事です。尚、浴室のリフォームを行う時期と言うのは、浴室内のカビが多く発生している時、排水溝の掃除を実施しても流れが悪かったり、悪臭が漂う時、シャワーなどの水栓金具の温度調節が悪くなってきた時、壁や床、浴槽などにひび割れた場所が在る時、築20年を越えた時点で、浴室のメンテナンスを一度も実施していない時、お風呂場に繋がる脱衣所の床が平らではなくなったなど、リフォームのサインが生じた時に実施するのが良いと言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *