蛇口からの水漏れトラブルを自力で修理

蛇口から水漏れが発生したら、まずは被害を広げないための応急処置を行います。

トラブル発生時には真っ先に応急処置をするべきというのは普段なら分かるのですが、そのような状況に陥ると皆忘れてしまいます。修理前の応急処置ですが、それぞれの蛇口にそばにある元栓を閉めるだけです。慌てているとなかなか見つかりませんので、平時に場所をチェックしておくと良いかもしれません。元栓を閉めたら、それ以上の水漏れは起こりませんので、安心して原因を探したり対処法を考えたりできます。マンションに住んでいる場合には、水道メーターの隣にあるバルブハンドルが元栓です。

トラブルの原因で多いのは各パーツの劣化であり、部品交換をするのがメインになります。必要な部品は水漏れの箇所から判断できますが、同じ個所内でもいくつかのトラブルが想定されるため、複数のパーツを用意しなければならないこともあります。修理では蛇口を分解していき、内部の劣化したパーツを外して新しいものを設置することがメインです。ナットやボルトを締めたりネジを回したりするために、モンキーレンチや精密ドライバーも用意しましょう。ほとんどのケースはとても軽いトラブルであり、自力で直す場合でもそれほど迷いませんが、その蛇口を使い始めてから10以上が経過していたら本体ごとの交換も視野に入ります。修理の中でも本体の交換はもっとも大掛かりな部類に入り、素人ではできませんので、専門の業者に任せましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *